So-net無料ブログ作成

「父・金正日と私 金正男独占告白」   緊急重版発売中 [動静ニュース]


金正男(キム・ジョン・ナム)は、
2017年2月13日マレーシアのクアラルンプール国際空港で突然暗殺された。
マレーシア警察が犯人捜査に懸命だが未だ捜査は緒に就いたばかり。
いま世界中の人々が事態の推移を見守っている。



金正男.JPG




本著は故・金正日(キムジョンイル)総書記の正男の肉声を、
世界で初めてスクープした新聞記者(五味洋治)による衝撃の記録である!

2001年に初めてその存在が報じられて以来たびたび出現しては、
何かと話題となった金正男。

弟が後継者になり判官びいきの成果、北朝鮮のプリンスに隠れファンが増加した。

だが、ここ数年は姿を現さず異母弟の正恩(ジョンウン)が後継者となり、
父にも勝る独裁政治を初めてからは動静がめったに表には出てこなかった。

著者は2004年9月25日、
北京国際空港の1階ロビーで金正男と思われる男性と遭遇し声をかけます・・・。

それ以来著者と正男の、あわせて150通にもおよぶメールの交換が始まった。

その内容や、2回の面会など、正男の肉声が克明に記されている。

「三代世襲には反対」
「父上には国家元首という点を離れて、厳しいながらも情が多かった記憶しかありません」「異腹の弟正恩の成長過程は知りません」
などと率直に語ったことが記されている。



本書を読めばホテルのエレベーターでは、
日本語で「お先にどうぞ」と先を譲るなど、
知的で冷静、ユーモアのセンスにあふれた彼の実像を伝えるのみならず、
正男を庇護する中国の目的を著者は鋭くえぐりだしている。




今回の金正男の暗殺事件を読み解くうえで欠かせない一冊。
謎の国北朝鮮を知るには格好の書と思われる。



電子書籍はコチラ



紙書籍はコチラ

「父・金正日と私 金正男独占告白」   2月25日緊急重版
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0