So-net無料ブログ作成
検索選択
健康本 ブログトップ

【驚愕】 血管の中の99%を占める毛細血管をケアすることで長寿を担保します [健康本]





世界でも最長寿の国日本人の寿命!
日本人の寿命はまだまだ伸びますよ!!
医学的な根拠があります。



血管は大きく分けて通常血管と毛細血管に分類されます。
血管の長さで見た場合多くの方は、
通常血管が80%くらいを占めるのではと思われます。


しかし事実は全く違います。
99%の多くを毛細血管が占めるのです。
頭のてっぺんから、足の指に至るまで酸素を含んだ養分を補給するために、
体内の至る所をこの機能を発揮させるため、
毛細血管が張り巡らされ血液が四六時中流れています。



ハーバード大学やパリ大学で研究してきた著者が、

最新医学で実証された長寿のカギが毛細血管のケアにあることを

惜しみなく紹介しています。


病気にならない、老けない体をつくる血流革命!

睡眠、運動、食事、呼吸法…このひと工夫で毛細血管が増える!

毛細血管が増えることで人間は若返る!

この秘訣を今後の人生に活かしてみませんか。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「生まれ変わりの村4」  ペットにも生まれ変わり再会した  宗教観変化 [健康本]




まず、このような本をどういうキャリアの方が書かれたかさわりを紹介。


著者の略歴を引用すると森田健氏は1951年東京都生まれ。

上智大学電気電子工学科卒後富士通(株)を経て、コンピュータソフト会社を経営し、

開発した通信ソフトは郵政大臣賞を受賞。

1996年に社内に不思議研究所を設置し、「時空」と「私」の謎を解くため、

数々の不思議現象を探究し世界中を取材する。

根っからのエンジニアで、前世記憶者に関し世界中を駆け巡りながら徹底調査されている。








本著はシリーズ4冊目の著書であり、この第4巻を読むだけで充分と仰っている。

本著の内容は中国・日本・イタリアの前世の記憶証言者があの世や前世の

記憶のキーについて証言している。

たとえば、「自分が死んだことに気付かず、

自分の葬式を見て初めてあの世にいることに気付いた」とか、

「ペットも生まれ変わって再会した」とか、詳細に証言されている。

証言者からは「死ぬ前にあの世のことを知っておいてよかった」

などのコメントが寄せられている。





内容が衝撃的で、これまでの世界観が変わるかもしれない書であることは間違いない。





みなさまが大変気になるマターで、いま話題沸騰のベストセラーです!



⇓これ以上の詳細は下記でご確認のほど⇓


この本「臨終の七不思議」を読むとその瞬間を安心して迎えられそうです [健康本]


門松や 冥土の旅の 一里塚  めでたくもあり めでたくもなし
このような短歌を詠んだ有名な俳人もおります。




人間誰しも生まれると同時に死に一歩ずつ近づいているのは事実です。
然しながら日常の生活において、この事実を自覚する人は少ないようです。
これは死に対して少なからず畏怖の念を持っているからでしょう。
敢えて触れたくはないのでしょう。




日本社会はすでに高齢化社会を迎えています。
政府が使う用語では前期高齢者・後期高齢者などに属する方々は、
内心穏やかではないでしょう。




その一人が私です。
常日頃、内心穏やかになりたいと思いつつ、
穏やかになれずに今に至っています。




臨終.JPG




数千の看取りに立ち会ってきた医師で作家である志賀貢氏が、
50年間でわかったこと
いまなおわからないことを述べています。
誰も見抜けなかった死の直前に生起する七不思議が述べられています。
七不思議の内容は実際お読みになられてください。




本著を読ませていただきましたが、
このような念から解放され、
その瞬間を安心して迎えられる心構えが、
自ずとできるようになります。
「何事も備えあれば憂いなし」でしょう。




⇓お読みになると、なんとなく気が楽になる本です。⇓



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ぼけ防止の決め手  予防方法  大友英一 [健康本]


本書は、脳の老化および血管の老化を抑える方法、
また、いろいろな危険因子を抑制する方法などを、
ぼけ防止の決め手を、
中学生でも分かりやすく説明しています。


また、「大友式ぼけ予測テスト10問」や、
「ぼけ予防10カ条」など、
具体的に予防するd方法を載せることにより、
日常生活の望ましい姿を、多方面から追求しています。


予防安全の見地からは、
10か条の具体的提案をしている本はまずなく、
認知症予備軍にとっては、
涙が出るほど、
うれしい本です。


抽象的な文章は一つもありません。
そこが大変気に入ったところです。



【目次】(本の構成は次のようになっています。)
第1章 生涯現役で、ぼけ知らずの人生
第2章 ぼけとは
第3章 ぼけはなぜ起きるのか
第4章 ぼけの危険因子
第5章 脳の老化を防ぐ
第6章 ぼけの予防
第7章 ぼけ予防10カ条

第1章から第4章は軽く流しても結構です。
第5章を読んでぼけのメカニズムを抑えます。
第6章第7章は予防法を具体的に述べていますので、
一字一句詳しく読み押さえましょう。


⇓本書を読んでぼけを確実に予防しましょう⇓



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
健康本 ブログトップ