So-net無料ブログ作成
検索選択
肺がん ブログトップ

禁煙するぞと大上段に被らなくても自然とできる離縁パイプ [肺がん]




僕の場合、ヘビースモーカとは言わないまでも、
一日20本程度を学生時代から吸っていれば、いまさらタバコとおさらばは、
決して出来ないと考えていました。

ところが春の健康診断でレントゲン撮影の結果、
肺に影があるので精密検査を要するとの医師の診断でした。

私は内心、思いがけない診断結果に、驚いたのですが、それ以上女房が驚きました。

精密検査を受けると、その結果は白からグレイで、一年ごとの経過観察を要すとのこと。

私の診断の予想は、限りなく白と思っていました・・・・・・。

それで、経過観察ならよかったというのがホンネ。

しかし、女房の受け止め方は黒で、出されたご託宣は「タバコを止めること」




急に言われてもという気持ちがありましたが、
健康のことゆえ抵抗するにも大義を欠くんですね。



自分なりになんとか努力の姿勢は見せないとと、手を出したのがこの離煙パイプ。

不純な動機でスタートしたので成果は、正直ほとんど期待しませんでした。

しかしながら、離縁パイプの開発者の頭の良さは一枚上手。

一か月経ってみたら、タバコはきっぱりやめられました。

なぜ止められたか。

これは、次にでお話しします。



禁煙するぞと力まなくても止められる離煙パイプはコチラ⇓




⇒おもしろボクサーパンツはコチラ
⇒便秘解決の切札はバナナ茶


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
肺がん ブログトップ