So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ本 ブログトップ

 「きせのん」の愛称を持つ稀勢の里の人生哲学は努力は天才に勝つで彼の生きざまに反映されている! [スポーツ本]




稀勢の里が入門時から逸材であることは知られていたが、
運がないというか、
これまで横綱になるチャンスは数度あったが悉く逃してしまった。

しかしながら、努力する人は最後に報われることを彼は証明した。

稀勢の里が新横綱の最初の場所で優勝し、日本中が沸いている。

下記の画像は、彼が中学卒業時に書いた文集である。

朴訥な人柄を表す字、なんとも含蓄のある文章ではないでしょうか。

稀勢の里中学卒業文集.JPG


「努力は天才に勝つ」と書かれているが、
彼は二場所連続優勝を通して、身を以て示した。
今場所の優勝が奇跡に近い優勝であったが、
いま彼が言いたいことは、
「努力は奇跡をももたらす」ではないか。
優勝後のインタビューで「不思議な力が出てきた」
と言っていたが、
長年努力を続けると、
怪我で最悪の状態でも不思議な力が出てくるものと解釈した。



ますます、「きせのん」との愛称で呼ばれる優しい人柄ながら、
勝負に関しては厳しい稀勢の里の活躍を今後も期待する。



彼のこれまでの人生行路を書いた雑誌「稀勢の里と大相撲新時代」に、
彼の魅力がよく書かれている。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
スポーツ本 ブログトップ